チームの紹介
営造の過程
活動の成果 協会の規則
@
地区営造工程は一気呵成には進みません。良い組織運営と、企業精神、経費の投入と人材の参与が、地区営造が成功するか否かの主要なカギとなります~地区営造の精神は地域住民が自らを変える事です。しかし、地域住民が変わる前、地区営造事業団隊自らが自己改造をしなければなりません。そのため、珍珠地区事業団体は常に職業前と在職訓練を行い、作業員の作業技能と服務品質を高めています。珍珠地区は現在、良好な組織の作業分担と企業的精神を有し、且つ、珍珠地区は農委会の農村新風貌三年計画を勝ち取り、経費を投入しました。労委会は珍珠地区の稲わら産業、及び竹囲民宿の二次計画の人員35人を批准、地区は又、30人の専門顧問を招聘し、専門的相談を提供します。
@
珍珠地区営造の人間の本性観~
 1.人性本善。
 2.每一個人都是獨特的,每一個人的人格是平等的。
 3.人是身、心、靈的組成,人的肉體來自父母親的結合但靈性來自靈性的世界。
 4.每一個人的感覺與想法都是真實存在,都是須要受到尊重,沒有所謂對、錯。
 5.世上只有好人,但人有做壞事。
 6.每一個人的行為都是有目的,此一行為都是個體當下認為最好的。
 7.人的兩個基本需要是「求生」與「被愛」。
 8.唯有真實呈現亦即一致是解決人際互動衝突的不二法門。
 9.「自我價值」是一種學習的過程。
10.只有自愛才能愛人,自己尊重自己才能尊重別人。
11.人際之間的衝突是因每個人的成長環境不同造成不同的價值觀與感覺。
12.處理人與人之間的衝突,不是誰對、誰錯的判定。
13.以「認錯」與「寬恕」是化解人際間衝突,不二法寶。
珍珠地区の営造目標~
 1.竹囲の特殊な景観の持つ優位さが、充足した経済誘引となり、竹囲民宿レジャー産業が発展し、農民の加入が増加、農村産業の生活機能を生かします。
 2.温かい家庭的接客方式の民宿経営により、『至れり尽せり』の感覚があります。現代社会のひどい人間関係の疎遠現象を建て直し、親密な相互関係の持つ人間関係を確立します。【誠】を核心思想とし、【忠恕(思いやり)】を主軸とする人間関係を確立します。又、商業化による農村地区の誘導を確立し、ビジネスをメインとする新儒教思想の社会形態に進入します。
 3.稲わら産業の推進により、新たな稲わら工芸を創ります。稲わら画、稲わら紙、稲わら仮面、種もみの標本製作を珍珠地区の文化産業とします。農村に元々ある廃棄物、大量に余った稲わらの燃焼による環境汚染を減少させるだけでなく、文化的な産業材料に転換し、資源の再回收をします。
 4.成立した仮面演劇団によって、形態(ゲシュタルト)心理学治療、音楽、ダンスを結合させた新しい文化形態を確立します。竹囲民宿と稲わら産業を組み合わせるだけでなく、地域住民の潜在能力を啓発し、自信を持たせて、身心一体の境地を達成します。
 5.新文化園区の建設は農村の経済産業問題を解決するだけでなく、同時に現代社会の人間関係の疎遠問題を解決し、人間関係を立て直し、新時代の文化的優勢を展開します。
 6.第二段階に拡大する園区の範囲は、近隣の武淵、補城、三奇、南興、冬山等、冬山河流域の村を入れて、冬山河を主体とする観光レジャー文化産業で発展させます。又、冬山の旧市街をイメージした商圈を結合して、冬山郷の新たな産業文化を形成します。冬山郷の全面的発展と繁栄を先導します。
 7.【誠】を核心思想とした新文化社会、【忠恕】を主軸とする人間関係を確立し、ビジネスをメインとした新儒教社会形態で21世紀を形作ります。
 8.国際的規模と標準によって文化園区を経営し、又、世界の新文化模範区となります。