竹囲の民宿
稲わら工芸 凧を広める
サイクリング道
ベジタブルアイス風味メニュー
@
稲わら画、稲わら仮面、稲わら浮き彫り仮面、稲わらの記念品、稲わら人形、稲わら編み等、全て地区内のどこにでも見られる稲わらを材料としています。新産品の創造は、現代アート芸術品に向かい段階的に発展しています。稲わら工芸の推進展開は、廃物利用及び環境保護の観念以外に、地区の民衆が余暇を利用して、新たな技を育む事で生活の質を高めてもらう事です。
@
1.稲わら仮面
珍珠地区発展協会理事長の李後進氏は地区の文化産業を確立するため、特に国内において舞台造景の製作経験豊かな黄建達氏を顧問に招き、パルプ仮面の製作に協力してもらいました。稲わら仮面が独特の劇団に発展する事で、新しい文化産業が確立され、地区活動の新たな機会となる事が期待されています。稲わら仮面は将来2種の形に発展します。一つは芸術品、もう一つはパフォーマンスです。芸術品としての仮面は、地区の家庭的民宿において、住まいの生活美学を作ります;パフォーマンス用仮面は地区の劇場演出と結合します。
2.稲わら記念品
伝統的な農村生活は時代の衝撃を受け、変換を続けており、伝統的生活環境、及び習俗は徐々に消失しています。稲わら立体工芸は伝統的集落の情景を表現します。竹囲、竹竿、茅葺き家屋、竹柵、稲田での穀物干し、井戸、花壇、野菜畑等、伝統的農村の生活空間の持つ純樸な美を記念します。
3.稲わら彩色仮面
台湾民俗演劇には、"歌仔戲(台湾の民間戯曲)、布袋戲(木製の頭を操る人形劇)、北管子弟戲(農村の子弟による北京語劇)、傀儡戲(あやつり人形劇)及び京戲(京劇)"があり、その隈取りの造型は20センチの範囲に五官が配置され、造型の変化に富んでいます。英雄、悪人、妖女、滑稽で醜い人、商売人、僧侶と真に迫ります。そして生、旦、淨、末、醜(京劇の役柄)の分野は言うまでもなく、年齢に関係なくわかりやすいです。往々にして、1つのお面が限りない事故や変化に富んだ伝奇等、小説数冊分の内容を持ちます。稲株の各部分の材質の色合いの違いから、組合せを変化させて、五官の輪廓の生き生きした精彩を出します。人生百様の縮図を縁取るようです。着色を施さず、稲わらの元の色にとらわれないで、工芸の精緻な技術を探索し、諸々の欲情を舞台で昇華させます。
4.稲わら画
稲わらは農村における最も典型的な農業副産物です。時代の変遷を受け、稲わらからの紙作り、わらぶとん、わら繩、わらじ、マッシュルーム等産業が消失の影響で稲わらは廃棄物として捨てられるのです。稲わらの構造、材料特質を利用し、農村の生活場面を表現し、農業副産物の新たな価値を探索し、生活の美学を高めます。工芸師を育成し、土地に深く根をおろせ、地方の特色ある産業を発展させます。郷土の文化的新風貌をアップさせます。